インシュランス解説所公式ウェブサイト

万が一は誰に起きてもおかしくないこと

誰にでも必ず起きることもあれば、何百人に一人、何千人に一人しか起きないこともあります。高校に行く人といえば、中学生の多くが行くことになるでしょう。高校から大学に行く人はそれに比べれば減ります。とは言いながら最近は増えてきているようです。

大学進学などは自分の意志で決めますが、トラブルに合うかどうかは偶然です。万が一のことの場合、誰に起きてもおかしくないといえるでしょう。となると、誰もが適度に備えておく必要があるといえそうです。それができるのが保険になります。

家族を養う大黒柱が亡くなったとしたら、それ以降の生活費などに数千万必要なことがあります。貯蓄がなければ路頭に迷います。でも保険に加入をしていれば、毎月数千円から数万円支払っておくことで必要な数千万を得ることができます。

人を養う立場なら、万が一に備えるために入ることが多くなります。

保険は常に見直しをした方がお得になる可能性

保険に入るタイミングは様々です。死亡保障であれば、社会人になったとき、結婚をしたときなどがあります。自動車関係なら自動車を購入した時、更新をするときなどがあるかもしれません。通常は一旦加入するとそのままにしてしまうことがあります。

加入するときは保障をチェックします。どんな保障があるかを見ますが、その時に必要な保障を見て加入をします。ではそれがそれ以降も同じままかです。必要な保障はどんどん変化します。金額が変化することもあり、内容が変化することもあります。

そのため、常に見直しをした方がお得になる場合があります。自動車関係の場合は毎年更新するタイプなので、毎年見直すのが良いかもしれません。死亡保障も、家族の増減、子供の自立などがあれば必要な保障額を考慮して変更すれば、支払額を減らせる場合もあります。

他社の利用も可能です。

外交員からでなくネットからも加入

保険に加入する場合、どの経路で加入するかがあります。多いのが外交員とされています。会社などと契約をしている外交員が社員に勧める場合がありますし、自宅などを周る外交員もいます。必ずしも希望の会社の外交員が来てくれるとは限りません。

とは言いながら、他の金融機関とは違って窓口はあまりありません。支店などに直接行くことは少ないでしょう。自分から積極的に会社や商品を選ぶことが難しい時代がありました。最近はインターネットを利用して加入できるケースがあります。

ネット会社といわれる会社が出てきて、それらの会社を中心にネットで契約などができるようになりました。そしてネット会社以外の会社もネットから情報の提供、さらに契約などもできるようになりました。ネット会社は少し不安、大手を利用したい場合なども、ネットから選択して契約できます。

ページトップへ